グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  大学紹介 >  私立大学研究ブランディング事業

私立大学研究ブランディング事業


ストック・シェアリングを通じた地域価値の編集による新世代型コミュニティの実現に向けた多層的研究
日本の諸課題は地域に集約され、地域で顕在化する。本事業は福祉・都市・経済を地域で融合し、また各種ストック(空間・時間・人間等)をシェアリングすることで、地域の課題解決と新価値の創出を図る。公共的、歴史的、人的な資源が豊富な名古屋市熱田区(本学所在)を研究ゾーンに位置づけ、地域関係者との協働研究により、新世代型コミュニティ像を明らかにし、地域価値を編集できる力をもった大学としてのブランドを確立する。

「私立大学研究ブランディング事業」とは

私立大学研究ブランディング事業は、学長のリーダーシップの下、優先課題として全学的な独自色を大きく打ち出す研究に取り組む私立大学に対し、文部科学省が支援する取組です。平成30年度は、157校中20校が選定され、うち、タイプA(社会展開型)は11校、タイプB(世界展開型)は9校が選定されています。※本学は、タイプA(社会展開型)に選定されました。