グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  【国際文化学部】1/8国際文化学部で「映画祭(第2回)」を行いました

【国際文化学部】1/8国際文化学部で「映画祭(第2回)」を行いました


1月8日(土)、オンライン映画祭「困難な状況でも世界中に希望の種はある」第2回を開催しました。今回は、東日本大震災で被害を受けた岩手県の三陸海岸地域を、それまでと変わらず廻り続ける「黒森神楽」を描いた『廻り神楽』を上映し、約40人の方にご視聴いただきました。
ゲストに共同監督・プロデューサーの遠藤協さんをお迎えしたトークでは、黒森神楽が、これまで数百年にわたり、楽しいときも、今回のようにこの地域をたびたび襲ってきた津波の後も、そこに暮らす人々の人生の節目節目に寄り添ってきた、かけがえのない芸能であるということを知り感銘を受けたという声が寄せられました。