グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  【国際文化学部】10/23学内公開講義を開催しました

【国際文化学部】10/23学内公開講義を開催しました


国際文化学部では10月23日(水)2限「NPO・NGO論」(担当教員:佐伯奈津子)に、認定NPO法人アイキャンの三矢愛紗氏をお招きし「NGOとしての取組み・個人としての取組み」と題した学内公開講義を開催しました。

前半では、アイキャンがイエメン、ジブチでおこなう避難民支援について、背景となるイエメン内戦の構造とともに説明がありました。なかでも紛争により心に傷を負った2〜12歳の子どもを対象とするジブチの「子どもの広場」は、アイキャンのスタッフではなく、15〜20代前半の難民の若者が運営、難民自身による活動であることが特徴です。
後半では、街頭募金ボランティアやハガキ・切手等の寄付のほか、日本人と外国人の壁をなくすために、名古屋の難民・移民の方と交流する、言語を学ぶ、何事にも疑問をもち世界のつながりを理解することなど名古屋で個人でもできることが紹介されました。