グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  「地方創生プランコンテスト」を開催しました。

「地方創生プランコンテスト」を開催しました。


本学の学生3名が優秀賞を獲得!

2018年12月15日(土)、名古屋市信用保証協会協賛の「地方創生プランコンテスト」が本学で開催されました。本コンテストでは、地域社会における様々な課題に対し、大学生達が取り組んだ研究成果を発表し、今後の地域経済への発展につながる政策提言を行います。名古屋学院大学、名古屋市立大学、愛知大学、中京大学、南山大学の5大学(10ゼミ)から約100名が参加しました。コンテストでは全部で5セッションが設けられ、各セッションから最優秀賞・優秀賞の報告が選ばれます。本学からは、上山ゼミ4年生の山田さん、3年生の桑島さん・保田さんが優秀賞を獲得しました。

【セッションA】
最優秀賞 南山大学・水落ゼミ「高齢者が長く働く環境づくり~産業別の要因分析~」
優秀賞 名古屋学院大学・上山ゼミ「日本の空家問題の要因分析」
【セッションB】
最優秀賞 名古屋市立大学・河合篤男ゼミ「生き残る老舗の秘密」
優秀賞 南山大学・水落ゼミ「訪日外国人の消費行動の規定要因 ~訪日外国人の観光消費増加を目指して~」
【セッションC】
最優秀賞 南山大学・水落ゼミ「ひとり親世帯における 相対的貧困の規定要因」
優秀賞 名古屋市立大学・河合勝彦ゼミ「電子地域通貨で地域創生を実現する」
【セッションD】
最優秀賞 南山大学・水落ゼミ「中学生の親子コミュニケーションの規定要因」
優秀賞 名古屋学院大学・上山ゼミ「仮設住宅が及ぼす被災地の人口変化」
【セッションE】
最優秀賞 名古屋市立大学・内田ゼミ「インバウンド観光需要の決定要因分析」
優秀賞 名古屋学院大学・上山ゼミ「e-sportsはメジャースポーツになりえるか
 ~ゲームが子供の学力・友人関係に与える影響分析~」