グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  名古屋学院大学 私立大学研究ブランディング事業キックオフ・シンポジウム開催のご案内

名古屋学院大学 私立大学研究ブランディング事業キックオフ・シンポジウム開催のご案内


私立大学研究ブランディング事業キックオフ・シンポジウム【2019年12月1日開催】

選定事業名

ストック・シェアリングを通じた地域価値の編集による新世代型コミュニティの実現に向けた多層的研究
※2018年度私立大学研究ブランディング事業選定

シンポジウムのテーマ

シェアリングが新世代コミュニティを実現する
 -その課題と展望を解く- 
 ■ シェアリングは持続可能な社会の原動力である
 ■ シェアリングはコミュニティの課題を解決するマネジメントである
 ■ シェアリングは住民参加があって効果を引き出す 
 ■ シェアリングは観光による地域活性化を推進する
 ■ 大学はシェアリングを通じた地域価値編集の要となる
▽シェアリングとは / ストック・シェアリングとは
シェアリングとは直訳すると「分かち合うこと」。例えばカーシェアリングというと「メンバーで
自動車を共同使用すること」となります。よって、ストック・シェアリングとは蓄積(ストック)され
た空間、時間、人材を皆で分かち合いながら活用して(シェアリング)、暮らしを良くする活動と
いうことになります。

シンポジウム概要

日時 2019年12月1日(日)
13:30~16:10(13:00開場)
定員 先着60名(入場無料・要事前申込)
会場 名古屋学院大学
名古屋キャンパスたいほう言館1Fコミュニティリンク


名古屋市熱田区大宝2丁目4番45号
交通アクセスはコチラ
主催 名古屋学院大学

プログラム

①開会挨拶

②開催趣旨(研究ブランディング事業とストックシェアリングの概念とは)  
       井澤知旦  名古屋学院大学現代社会学部長
③基調講演  
       積田有平 氏 一般社団法人シェアリングエコノミー協会       
        内閣官房シェアリングエコノミー伝道師
④取組報告1「 ダブルケアとストックシェアリング」
       澤田景子   名古屋学院大学経済学部講師      
⑤取組報告2「 イオンモール熱田との実証研究中間報告」
       三浦 壽 氏 イオンモール熱田ゼネラルマネージャー  
⑥パネルディスカッション
 【 パネリスト】                                
 ・大江貴志 氏 オークツ株式会社 代表取締役社長(鯖江市)
 ・星野麻実 氏 NPO法人キッズバレイ 代表理事(桐生市)
 ・中田俊夫 氏 熱田区学区区政協力委員長議長(地域住民代表)
 ・中田英雄 氏 名古屋市市民経済局長(行政代表)
 ・三浦 壽 氏 イオンモール熱田(民間企業代表)
 【 アドバイザー】 
 ・積田有平 氏 一般社団法人シェアリングエコノミー協会
 【 コーディネーター】
 ・井澤知旦  名古屋学院大学現代社会学部長(大学代表)
⑦閉会挨拶

申込方法

受講申込フォームよりお申込みください。
申込確認後、受講票をお送りいたします。

お問い合わせ

名古屋学院大学社会連携センター
TEL:052-678-4085