グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  瀬戸市介護予防・日常生活支援総合事業「シニア世代のスポーツ健康カレッジ」 を開催しました。

瀬戸市介護予防・日常生活支援総合事業「シニア世代のスポーツ健康カレッジ」 を開催しました。


スポーツ健康学部では、2019年度より瀬戸市介護予防・日常生活支援総合事業の業務委託を受け、「シニア世代のスポーツ健康カレッジ」を開催します。
本年の健康カレッジは、瀬戸キャンパス全域でウォーキングや軽運動をする「せと健康運動教室」と、室内プールでエアロビクス等をする「せと水中運動教室」が2期開催されます。
5月8日(水)は、113名の応募者から抽選で選ばれた45名が、新緑が生い茂る瀬戸キャンパスに集いました。体育館で開講式を執り行った後、全員が初回のプログラムである体力測定に挑みました。これまでに体力測定の経験がなく不安気な人や体力に自信がない人も おられましたが、スポーツ健康学部生の説明を受け、今の自分の体力を知ることができました。
参加者の皆さんの明るく元気な雰囲気で、7月までの講座がスタート しました。1期6回の教室で参加者皆さんの体力や生活習慣がどのように変化するか楽しみです。