グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  【リハビリテーション学部】5/15学内公開講義開催しました

【リハビリテーション学部】5/15学内公開講義開催しました


リハビリテーション学部では、5月15日に基礎セミナーの講義単元「大学は学問をする場」にからめ、本学常任理事である柴田哲冶氏をお招きし、公開講義を開催しました。



柴田氏は、ご自身の高校生から現在までの経歴と、その時々のエピソードを交えながら、多くのことをお話しくださいました。海上自衛隊時代のお話からは具体的なテロ対策任務や震災時の救助活動などの仕事内容のご紹介も含めつつ、艦隊勤務や幹部候補生学校での生活などから、1年生の今注意したいいわゆる5月病克服の気持ちのコントロールや、この先に得られるものなど未来を思考しやすくお話しいただきました。
また、自衛官退官後に企業での指導的なお立場に立たれているご経験から、日本人に欠けている国際人たるための攻略方法、名古屋学院大学の良さ、この4年間でできることやすべきことなどについてもお話しくださいました。努力が幸せを呼び込むこと、リーダーシップをとるためのフォローワーシップ、自主性と社会性をもつこと、それらを達成するためのアドバイス等々、多岐にわたる内容を盛り込んでお話しくださいました。

通常の講義だけでは十分伝えきれていなかった部分を補完し、「勉縮」を薦めてくださった柴田氏の講演に学生たちも終始真面目に興味深く拝聴していました。