グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  国際文化学部工藤ゼミの提案が名古屋市環境局<使い捨てプラスティック削減提案>で優秀賞を受賞しました

国際文化学部工藤ゼミの提案が名古屋市環境局<使い捨てプラスティック削減提案>で優秀賞を受賞しました


名古屋市環境局減量推進室2R推進実行委員会によって2019年10月1日から11月29日まで行われた「使い捨てプラスティック削減に関する提案募集」に国際文化学部工藤ゼミが応募し、同プロダクトデザイン部門において優秀賞を受賞いたしました。表彰式は2020年1月12日に名古屋国際会議場イベントホールで行われ、同ゼミ4年の尾﨑真実さんが企画代表として出席しました。 工藤ゼミの企画は、コンビニなどで多く用いられている紙カップ用のプラスチックふたを紙素材にして使い捨てプラスチックを減らすとともに、デザインにも工夫し、使いやすく、また「集める喜び」も感じてもらおうというものでした。

企画概要は名古屋市HPでも公開されています(ページ下、関連リンク参照)。

今後も持続可能な社会づくりの実現のために自分たちができることを考え、社会に貢献できる人材の育成に励んでまいります。
(報告:国際文化学部 講師 工藤泰三)

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。