グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  【9/11(日)毎日新聞朝刊】リハビリテーション学部佐藤菜穂子准教授のコメントが掲載

【9/11(日)毎日新聞朝刊】リハビリテーション学部佐藤菜穂子准教授のコメントが掲載


9月11日(日)の毎日新聞朝刊「人生100年クラブ 笑顔はじけるロックダンス 茨城の『三婆ズ』」に
リハビリテーション学部佐藤菜穂子准教授のコメントが掲載されました。

記事では、茨城県土浦市を中心に活動をしている、平均年齢68.3歳のロックダンスチーム「三婆ズ」について紹介されています。
佐藤准教授は、「ダンスには体力面、リズム感、認知面で効果がある」、「『できないから』と恥ずかしがらずに楽しむことが大切です。今はほとんどが女性なので、性別を問わず広がってほしいです」とコメントされています。