グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  7/13(水)中日新聞夕刊:現代社会学部の学生が参加しているアップサイクル連携プロジェクトの記事が掲載

7/13(水)中日新聞夕刊:現代社会学部の学生が参加しているアップサイクル連携プロジェクトの記事が掲載


7月13日(水)中日新聞夕刊「命救った防火服 新たな命を」に現代社会学部の学生が取り組んでいる
「アップサイクル連携プロジェクト」の活動の様子が掲載されました。

記事では社会福祉法人「名古屋市身体障害者福祉連合会」と名古屋市消防局が取り組んでいる「アップサイクル」の活動に
本学の学生も参加し、消防局で廃棄品となった防火服、消防ホースなどを使った商品化アイデアを提案したことが掲載されました。
提案したアイデアのうち、3つの商品は9月1日(木)「防災の日」に開催される「あつた朔日市」にてテスト販売されます。

この活動は、現代社会学部の江口忍ゼミ、水野晶夫ゼミ、プロジェクト演習、社会的企業論を受講している学生が中心に活動している取り組みです。


記事は中日新聞web版にも掲載されています

中日新聞web版 「消防の廃棄防火服がタフなバッグに 名古屋の障害者施設で再生」
https://www.chunichi.co.jp/article/507375