グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  7/27(火)中日新聞朝刊:現代社会学部水野晶夫教授のコメントが掲載

7/27(火)中日新聞朝刊:現代社会学部水野晶夫教授のコメントが掲載


7月27日(火)の中日新聞朝刊「熱田・白鳥小玄関の石碑 尾張藩・東浜御殿の石垣か」に現代社会学部水野晶夫教授のコメントが掲載されました。

江戸時代に尾張藩が名古屋に造ったとされる東浜御殿の石垣とみられる巨石が熱田区の白鳥小学校の玄関前の石碑となっていることが「熱田湊まちづくり協議会」の調査により判明しました。
このことについて水野教授は『本物とみられる石の所在が分かったのは大きな発見で、地元の誇りになる。当時の歴史をしのぶことができる、地域おこしの起爆剤にしていきたい。』と話されています。