グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  5/13(水)中日新聞朝刊:「『伊勢丹流』名駅で伸びず・イセタンハウス8月末撤退」に現代社会学部江口忍教授のコメントが掲載

5/13(水)中日新聞朝刊:「『伊勢丹流』名駅で伸びず・イセタンハウス8月末撤退」に現代社会学部江口忍教授のコメントが掲載


5月13日(水)中日新聞朝刊「『伊勢丹流』名駅で伸びず・イセタンハウス8月末撤退」に現代社会学部江口忍教授のコメントが掲載されました。
名駅の大名古屋ビルヂングに入る中型店「イセタンハウス」が8月に閉店するのをうけ、現代社会学部江口忍教授は「名古屋のマーケットでは定番のブランド以外のしゃれた商品を売るのは難しい。店の規模も小規模で、ターゲット層の確保が難しかったのではないか」と話されています。