グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  10/14(月)読売新聞朝刊:国際文化学部土屋勝彦教授がノーベル文学賞受賞者ハントケ氏の文学について魅力を紹介

10/14(月)読売新聞朝刊:国際文化学部土屋勝彦教授がノーベル文学賞受賞者ハントケ氏の文学について魅力を紹介


10月14日(月)の読売新聞朝刊に、 国際文化学部土屋勝彦教授がノーベル文学賞受賞者ハントケ氏の文学について魅力を紹介した記事が掲載されました。
記事の中で土屋教授は、ハントケ氏について「内面と外面の世界を往還する孤独者の在り方を印象深く映像的に描く表現力に傑出した作家である」とコメントされています。