グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  1/11(金)中日新聞朝刊:現代社会学部江口忍教授のコメントが掲載

1/11(金)中日新聞朝刊:現代社会学部江口忍教授のコメントが掲載


1月11日(金)の中日新聞朝刊「進撃のドラッグストア~巨大市場 戦い本格化~」に現代社会学部江口忍教授のコメントが掲載されました。
江口教授は、ナゴヤ圏という市場が一般的には「保守的でよそ者は入り込めない」というイメージが強いことに対して、「他の地域の企業が勝負できない、というのは都市伝説」と断言されています。ナゴヤ商圏で先にこの影響をうけたコンビニエンスストアや百貨店に続き、ナゴヤ圏がドラッグストア業界にとって激戦区となっていることについて「地場の勢力が強固に見えて外からの進出が遅れたため、小売業界にとって最後に残った巨大市場」とコメントされています。