グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  12/30(日)中日新聞朝刊: ニュース前線 ’18回顧の記事内で現代社会学部江口忍教授がコメント

12/30(日)中日新聞朝刊: ニュース前線 ’18回顧の記事内で現代社会学部江口忍教授がコメント


12月30日(日)の中日新聞朝刊「ニュース前線 '18回顧 丸栄が歴史に幕」 の記事で現代社会学部江口忍教授がコメントされています。 「丸栄を駄目にした最大の原因」についてや、「名駅地区がどこからでも来やすい『ミニ東京』であるのに対し、栄は面的な広がりがあるため回遊性が重視される区域だと分析。 丸栄跡地の今後は『栄全域、名古屋全体の行く末にとって非常に大事になる』」と話されています。