グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  5/4(金・祝)中日新聞朝刊:現代社会学部江口忍教授参加の『街づくり座談会』の記事が掲載

5/4(金・祝)中日新聞朝刊:現代社会学部江口忍教授参加の『街づくり座談会』の記事が掲載


5月4日(金・祝)の中日新聞朝刊に、現代社会学部江口忍教授参加の「街づくり座談会」の記事が掲載されました。
この座談会では名古屋・栄の街づくりをテーマに財界や行政の代表者、有識者、学生と立場の異なる五人が、再開発プロジェクトが動き出した栄の現状や将来像を話し合いました。江口教授は栄の将来像について「一番の期待は、栄を中心にどれだけ名古屋らしさが出せるか。リニアで東京と名古屋、大阪の境界がなくなる。その中で名古屋のアイデンティティーを頑張って維持できるかだ。」と話しています。