グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  4/17(火)朝日新聞朝刊:特集「ネクストステージNAGOYA~文化~②」現代社会学部江口忍教授のコメントが掲載

4/17(火)朝日新聞朝刊:特集「ネクストステージNAGOYA~文化~②」現代社会学部江口忍教授のコメントが掲載


4月17日(火)の朝日新聞朝刊「ネクストステージNAGOYA~文化~② 熱心な習い事 華麗なる進化『底流を読む~技能やスキル 評価する風土~』」に、現代社会学部江口忍教授のコメントが掲載されました。
江口教授は、この地域で習い事が盛んなことについて「総務省の調査で、愛知県は語学や音楽、スポーツの習い事への支出額が全国上位。専門学校の授業料支出も多いです。それは、この地域で技能やスキルを評価する風土があるためです。」「お茶やお花、踊りが盛んな一因は経済的に余裕があることの裏返しでもあるでしょう。」と話しています。