グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  3/7(水)読売新聞朝刊:現代社会学部江口忍教授が「リニア 名古屋圏への影響」について講演

3/7(水)読売新聞朝刊:現代社会学部江口忍教授が「リニア 名古屋圏への影響」について講演


3月7日(水)の読売新聞朝刊に、現代社会学部の江口忍教授が、3月5日に開催された県警の歓楽街セミナーで「リニアで変わる名古屋と周辺都市」と題した講演を行った記事が掲載されました。
江口教授は、リニア中央新幹線開業によって名古屋の街がどう変化するか、また、人やモノが東京に吸い取られる「ストロー現象」などについて話されました。