グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  12/7(金)読売新聞朝刊: 現代社会学部江口忍教授のコメントが掲載

12/7(金)読売新聞朝刊: 現代社会学部江口忍教授のコメントが掲載


12月7日(金)の読売新聞朝刊に現代社会学部江口忍教授のコメントが掲載されました。 2022年に名古屋造形大学が名城公園東側に移転されるのをうけ、江口忍教授は 「少子化による大学間競争の激化で、都心部に打って出るのは必然の流れ。 都心回帰により、大学と市民や社会の距離は一層近くなる。 市民を巻き込みながら、各校の特長を生かして地域を盛り上げていくことが重要」と話されています。