グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  宮本ジョセフ拳選手(硬式野球部)が埼玉西武ライオンズ育成3位指名

宮本ジョセフ拳選手(硬式野球部)が埼玉西武ライオンズ育成3位指名


硬式野球部の宮本ジョセフ拳選手(スポーツ健康学部4年)が、10月26日(月)に行われたプロ野球ドラフト会議で、埼玉西武ライオンズの育成3位指名を受けました。名古屋学院大学の新卒としては初めてです。

硬式野球部金田進監督、齋藤 健治部長ら関係者がみまもる中、埼玉西武ライオンズ育成3位で名前が読み上げられると、歓声と拍手がわきおこりました。

指名後に行われた記者会見では、「指名を受けて、今まで支えてくださった方々を思い出して、こみあげてきました。」と感謝を述べ、「影響力のある選手になりたい。ファンの人に野球で笑顔になってほしい。そのためにも応援される人柄になりたいです。まずは選んでくださった西武ライオンズで、育成選手から支配下登録選手に昇格できるようがんばります。」と力強くコメントしました。
本学でのプレーについては「名古屋学院大学での野球は、自主性を重んじてくれて、自分の課題に対して取り組むことのできる環境が合っていました。」と答えてくれました。

金田監督は「練習に対してずっと一生懸命取り組んでいた。明るい性格や(自主的に)練習するスタイルは1軍で活躍するイメージができます」とコメントしていました。

抜群の身体能力を持つ宮本選手、明るくチームメイトからも愛されています。
今後の活躍に期待します。

緊張した面持ちで指名を待つ宮本選手

指名後ほっとした表情で金田監督と握手を交わしました

記者会見のようす 写真左から金田進監督、宮本選手、齋藤 健治部長

藤田朋樹主将から祝福の花束贈呈

応援にかけつけたチームメイトと喜びを分かち合いました

幼い頃から支えてくれたお母さまに感謝の花束を贈呈