グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  2/16(火)日経新聞朝刊:現代社会学部古池嘉和教授の記事が掲載

2/16(火)日経新聞朝刊:現代社会学部古池嘉和教授の記事が掲載


2月16日(火)に日本経済新聞朝刊刊「私見卓見」に
現代社会学部古池嘉和の記事「地域文化の継承に移住者の力を」が掲載されました。
記事では、「地方では以前から人口減少や高齢化、都市化や近代化の流れの中で共同体に保持されてきた文化の継承が難しくなっていた。」が、そこにコロナ禍での伝統行事や祭礼の中断といった事態が引き金となり「蓄積された地域文化の継承が難しくなること」が懸念されるとし、基本は集落での伝承で「その前提は維持されるべきだが、閉ざされた共同体内での価値継承が困難になる以上、その価値を評価し、共有できる範囲を広げていくことも必要となる。」などと述べられています。