グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  公開シンポジウム『海外で暮らしてみないとダメ?グローバル人材のホント?』を開催

公開シンポジウム『海外で暮らしてみないとダメ?グローバル人材のホント?』を開催


 12月14日(土)、名古屋キャンパスしろとり翼館4階クラインホールにて、公開講演会「海外で暮らしてみないとダメ?グローバル人材のホント?!」を開催し、200名もの方にご参加いただきました。社会連携センター長の家本先生の開会挨拶のあと、情報番組や教育バラエティなどで活躍中のお笑いコンビ「パックンマックン」のお二人がステージに登場しました。参加者全員で「じゃんけん性格診断」や、座席の前後でペアを組み、英語で自己紹介を行う参加者全員を巻き込んだアイスブレイクのおかげで、会場は和やかな雰囲気に包まれました。結成23年を迎えるお二人ならではのテンポよく楽しいお話に、参加者からも笑いが起きました。第2部では、商学部の山崎先生のコーディネートのもと、パックンマックンのお二人によるトークショーが行われました。途中、フロアに降りて参加者と直接やりとりをするなど、聴衆を飽きさせない工夫も随所にみられました。グローバルに活躍するためには、グローバルを広く気軽に受け止め、自ら発信してみることが大事だと述べられ、多くの参加者に「一歩踏み出す勇気」を与える内容となりました。
名称 『海外で暮らしてみないとダメ?グローバル人材のホント?』
日時 2019年12月14日(土)14時00分~15時40分
会場 本学名古屋キャンパスしろとり「翼館」4階クラインホール
総合司会/コーディネーター 名古屋学院大学 商学部講師 山﨑 遼子
開会挨拶 名古屋学院大学 社会連携センター長 家本 博一
基調報告&トークショー お笑いコンビ パックンマックン