グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  本学学生が商店街と連携し商品開発

本学学生が商店街と連携し商品開発


11月9日(金)、10日(土)の2日間にわたり金山総合駅イベント広場で開催された「商店街逸品名品テストマーケット2018」に、本学から2団体が参加。このイベントでは、愛知県下26商店街の選りすぐりの逸品名品や、近隣大学・高校との協働により開発した商品が展示販売されていました。本学2団体の連携事例は、以下の通りです。
1.商学部濵満久教授ゼミナール×金山商店街
『抹茶&ほうじ茶サンド』 商店街のお茶屋さん(妙香園)の抹茶とほうじ茶の葉をパンの生地に練り込んで小豆あんクリームなどをサンドした商品。学生が企画・製造。
2.学生運営カフェ「マイルポスト」×日比野商店街
『まぐろ丼』 商店街の「まぐろ屋」さんと協力し、お値打ちにまぐろを仕入れ、学生が調合した酢飯で丼にした商品。
『はちみつクッキー』 商店街の“逸品運動”に参加して学生が考案したクッキー。名古屋学院大学にて学生が養蜂したハチミツを使用。
〈主催:名古屋市商店街振興組合連合会・愛知県商店街振興組合連合会〉