グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  【外国語学部】12/4 2019年度外国語学部卒業研究発表会・学部長褒賞授与式を開催しました

【外国語学部】12/4 2019年度外国語学部卒業研究発表会・学部長褒賞授与式を開催しました


12月4日(水)名古屋キャンパスたいほうのCommunity Linkにて、2019年度外国語学部卒業研究発表会・学部長褒賞授与式を開催しました。
各ゼミから推薦された8名の学生が、四年間の学修成果となる優れた研究発表を行い、審査の結果、廣悠理さんと直井琴子さん(赤楚ゼミ)が最優秀賞を受賞しました。
*発表者とテーマは以下の通りです。

① 中島達成 (犬塚ゼミ)  
道徳の教科化について
―道徳の教科化の背景と今後の「特別な教科 道徳」の在り方に着目して―

②廣 悠理、直井琴子 (赤楚ゼミ)
脚本における文末表現のジェンダーフリー化は起こっているのか?

③ 岩瀬 花廉 (山本ゼミ)
ICTを活用した観光における利便性に関する研究
―シームレスなモビリティサービスの実現に向けて―

④尾﨑 郁瑠 (市川ゼミ)
日本人大学生は英語の音声変化をどれくらい聴き取れるのか

⑤浅野 由暉(有薗ゼミ)
<面白い>を表す語のフランス語の類義分析
―intéressant, drôle, amusant を中心に―

➅渥美遥菜 (有薗ゼミ)
「望み」と「願い」の類義分析

⑦竹中美悠 (今仁ゼミ)
色を用いた表現

引き続き、学部長褒賞の授与式が行われました。学部長褒賞は、学内外で優れた経験を積み、活躍している学生を表彰するもので今年度は、以下の9名の学生が表彰を受けました。

【英米語学科】
宇津野 泰地
岡田 茉莉
河野 智宥
齋藤愛
嶋井亮介
長尾百華
林 映見
原 彪真
松尾 一平