グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  【国際文化学部】11/24今福龍太先生講演会を開催しました

【国際文化学部】11/24今福龍太先生講演会を開催しました


国際文化学部では、11月24日(土)13:30より、名古屋キャンパスたいほう メアリーホールにて国際文化学部創立完成記念講演会として、学部内共同研究である「宗教と民族の対立・交流の現代歴史学的研究」会との共催で、東京外国語大学教授で文化人類学者の今福龍太先生のご講演「一亡命作家の軌跡:西欧キリスト教世界の対岸から」を行いました。
昨年マラケシュで亡くなったスペインの亡命作家フアン・ゴイティソーロ(1931-2017)の生の軌跡を追いながら、西欧キリスト教世界から決別しイスラーム民衆世界に入っていった苛烈な生涯を通して、現代の非寛容と分断の時代に対する根源的な批判精神を確認していく内容でした。
講演の後、学生からも亡命と移民の違いは何かという根源的な問いが発せられ、その回答にも文化混淆のあり方を求めるクレオール主義者としての面目躍如たる回答がなされました。