グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  【経済学部】就活支援模擬面接を行いました

【経済学部】就活支援模擬面接を行いました


2018年1月30日、名古屋学院大学経済学部では就職活動を直後に控えた3年生を対象に、実際に企業で採用人事業務に携わっている担当者にお越しいただき、模擬面接等の指導をしていただきました。
今回お越しいただいたのは、株式会社バイク王&カンパニーで人事を担当されている、坂東蓉子さんと風祭末衣さんです。経済学部が株式会社バイク王&カンパニーの人事担当者に模擬面接等の指導をお願いするのは今年で4年目になります。

まず大石学部長から、今回の模擬面接の意義や就職活動を控えての心構えなどに関わる話があり、風祭さんによる事前のガイダンスの後、坂東さんと風祭さんによる模擬面接が行われました。


学生たちは、初めての模擬面接、しかも実際の採用人事の担当者による面接とあって、質問の鋭さにタジタジの状態でした。「手に汗をかいた」と言う学生もいました。また、「質問に思うように答えることができなかった」「普段どおりの自分が出せなかった」と、自分で反省している学生もいました。

模擬面接が終わると、坂東さんと風祭さんから個々の学生に対して、コメントとアドバイスをいただきました。最後に風祭さんから、人事の担当者が面接の際に何を重視しているか、どのように対応すれば良いか等、総括的なご指導もいただきました。

模擬面接終了後の学生アンケートでは、「自分にとってどこが良くてどこが悪かったのかをフィードバックしていただいたので、とてもありがたかったです」、「アドバイスがすごくためになりました」、「笑顔が素敵だったので、自分も見習いたいと思いました」などのコメントが寄せられました。
後日、模擬面接の際に提出した履歴書に対しても丁寧な添削をしていただきました。

企業の人事担当者による模擬面接を通じて、学生たちは「自分に何が足りないか」、「就活までに何をすべきか」といった課題を明確に認識することができたようです。