グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  2017年度経済学部卒業研究発表会の公開審査会を行いました

2017年度経済学部卒業研究発表会の公開審査会を行いました


2017年12月6日(水)、クラインホールにて2017年度経済学部卒業研究発表会の公開審査会を行いました。審査委員長に学長、審査員には学部長のほか、学外からも4名の方々をお迎えし、11月に行った学内審査会を勝ち残った5名の学生が、各々の研究成果を発表しました。
観客席を埋めつくす聴衆を前にした発表者達は、相当緊張した面持ちでしたが、いずれの発表も学内審査会を経て、内容を改善しリハーサルを重ねて本会に臨みました。

審査員による厳正な審査の結果、下記の通り表彰されました。
受賞者 所属ゼミ 発表タイトル
最優秀賞 竹内拓己 児島ゼミ 「産地ブランドで輸入浸透率を減少させることは可能か;
今治ブランディング戦略から学ぶ」
学部長賞 伊藤雅仁 伊沢ゼミ 「ICTが教育を変える?」
審査員特別賞 浅井貴道 上山ゼミ 「ネットショッピング・リテラシーの要因分析」
奨励賞 衣斐涼太 児島ゼミ 「日本のICカード既存の技術が如何にして世界のICになりえるか;
革新も新技術もいらないICカードの新たな活用法」
奨励賞 鈴木双葉 児島ゼミ 「アニメツーリズムによる町おこしは可能か; 聖地巡礼がもたらす経済効果」
お忙しい中、学外よりご来場くださいました皆様には、心よりお礼申し上げます。