グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  経済キャリア演習・女子学生活性化チーム:第3回イベントを開催しました

経済キャリア演習・女子学生活性化チーム:第3回イベントを開催しました


2020年12月18日に、女子学生活性化グループの第3回イベントを開催しました。参加してくれたのは1年生1人、2年生2人です。
今回は、このグループで一つのマインドマップを作りながら、フリートークをしました。マインドマップのテーマは「私たちの小さな夢」です。

今回初めて参加してくれた人がいるので、簡単に自己紹介をした後に、Teamsのホワイトボード機能を使って、マインドマップを作りました。みんなが書いてくれた夢は、「友達が欲しい」「睡眠時間が欲しい」「旅行に行きたい」「学校に行きたい」「このグループのみんなと直接お話ししたい」「新しいことに挑戦したい」「頭がよくなりたい」、「経済学をもっと知りたい」「英語が話せるようになりたい」「留学に行きたい」など様々な夢を書いてくれました。
今回は1年生が参加してくれたので、1年生の質問に2年生が答えていきました。内容としては、BIPプログラムについて、どのように活動していたのかということを質問され、「対面で活動していたから19時まで学校に残って作業をしていた」と答えました。また、私たち主催者側2人は留学に内定しており、今回参加してくれた1年生が留学をめざしていたので、留学についての話をしました。留学に内定するためにどのようなことをすればいいのかという質問に対して、「TOEFLの成績を上げることと、TAさんが主催するイベントにたくさん参加したり、i-Loungeのレッスンに参加したりなどたくさん大宝キャンパスに行った方がいい」と答えました。大宝キャンパスに行くことで、経済学部以外の友達ができるため、いい刺激になるという話もしました。

今回でイベントは終了したので寂しさもありますが、新しいつながりができて本当に開催してよかったなと思いました。初めてのことで苦労したところも多々ありましたが、参加してくれたみんなのおかげでいいイベントになったと思います。イベントに参加してくれた人たちと、直接会うことができなかったのは非常に残念でしたが、オンラインだからこそマインドマップを作ることができたと思っています。ですが、オンラインだとできないことがたくさんあるので、来年以降は対面でイベントが開催することができればいいなと思っています。
私たちが主体となって活動することはできなくなりますが、もし来年の経済キャリア演習で、今の1年生たちが引き継いでくれたら、OBとして関わっていきたいなと思います。私たちが企画した時よりも大勢の人に参加してもらい、名古屋学院の経済学部に女子学生が増えてくれたらうれしいです。

経済キャリア演習 女子学生活性化プロジェクト 鈴木萌愛 柿田海月