グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  経済キャリア演習・女子学生活性化チーム:第1回イベントを開催しました

経済キャリア演習・女子学生活性化チーム:第1回イベントを開催しました


2020年11月27日、Teams上で女子学生活性化グループの第1回イベントを開催しました。イベントには1年生と2年生が2人ずつ参加していただきました。

初めての開催ということで、お互いを知り、緊張をほぐすために2つのアイスブレイクを行いました。
1つ目は「積み木自己紹介」です。このゲームは、自分の前に自己紹介した人の名前を覚えて「〇〇さんの次の〇〇さんの次の・・・〇〇です」と言って自己紹介をするゲームです。このゲーム終了後には、お互いの顔と名前を覚えることに成功しました。
2つ目のゲームは、「タケノコニョッキ」です。オンライン上でのゲームは難しくなるので、本来のルールとは少し変更し「1ニョッキ!2ニョッキ!・・・」と最後の人までかぶらずに言うことができたら成功というルールにして行いました。オンライン上だからこそ、お互いの息遣いがわからないのでゲームはなかなか成功せず、失敗するたびに可笑しくて笑顔が絶えませんでした。やっとの思いで成功した時の達成感を、グループ全員で感じることができました。

そのあと、事前に集めたアンケートからの質問に2年生が答えました。本学の経済学部の女子学生の数は10%にも満たないという実情から、「どこで友達を作ればいいのか」「授業に女子学生がひとりだけになることはないのか」などの質問があり、「新しい友達は基礎ゼミナールや、少人数の授業で作ることができます」「必修の授業では、女子学生がひとりになることはありません。」と同じ学部の学生だからこそ質問に答えることができました。

新型コロナウイルスの影響で今年度入学した1年生はまだ大人数での対面授業を経験したことがありません。よって、同級生同士の交流、ましてや上級生と話すことのできる機会は今までなかったと思います。しかし今回のイベントを通してこれまでの学校生活、授業の様子を伝えることができたので充実した時間になったと思います。
次回のイベントではさらにチーム同士の交流を深め、大学をもっと知ることのできる機会を作ることができるよう準備していきます。

経済キャリア演習 女子学生活性化プロジェクト 鈴木萌愛 柿田海月