グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  【大学院】経営政策専攻博士論文中間発表会を開催しました

【大学院】経営政策専攻博士論文中間発表会を開催しました


12月15日に経営政策専攻博士論文中間発表会を行いました。

名古屋学院大学大学院 経済経営研究科 経営政策専攻(博士後期課程)では、12月15日に大学院丸の内サテライトにて博士論文中間発表会を実施しました。
当日は、経済経営研究科長の大石邦弘教授と本学博士(経営学)の取得者で構成している「博士の会」会長の太田信義氏から挨拶の後、6名の院生が自身の博士論文のねらいや目的、現在の研究状況などを発表しました。参加いただいた修了生や本学教員からは、質問や意見のほか、アドバイスがおくられました。

発表タイトル

発表順 テーマ 所属・担当教員
1 石田退三論 企業史研究指導所属、指導教員:笠井雅直教授
2 中国における都市生活ごみの現況と課題 -鄭州市と名古屋市の比較をふまえて- 産業システム研究指導所属、指導教員:十名直喜教授
3 持続可能な循環型観光産業とインフラストラクチャー -内モンゴルクルン旗の観光まちづくりへの視座- 産業システム研究指導所属、指導教員:十名直喜教授
4 ミャンマーの「体制」転換 -経済発展戦略の視点から 比較経済システム研究指導所属、指導教員:家本博一教授
5 第二次世界大戦後における台湾での日本人の「留用」について ―日本人の留用は戦後台湾の経済発展の基盤となりえたのか― 比較経済システム研究指導所属、指導教員:家本博一教授
6 ベトナム農業発展戦略への新たな道を求めて ー農業インフラ整備と農業ビジネス振興を目指しての日越比較 比較経済システム研究指導所属、指導教員:家本博一教授

経営政策専攻博士論文中間発表会は毎年12月中旬に開催しております。入学をご検討されている方の聴講もお待ちしておりますので、興味関心をお持ちの方は是非、ご参加ください。