グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  熱田区総合水防訓練に本学学生が参加

熱田区総合水防訓練に本学学生が参加


5月26日(日)に、熱田区総合水防訓練が千年小学校で実施されました。今回は、東海地方に甚大な被害をもたらした伊勢湾台風から60年の節目ということもあり、当時の被害を振り返る講演やパネル展示が重点的に行われました。名古屋学院大学からは、商学部伊藤昭浩教授のゼミ生と大学生消防団の学生50名程が参加。伊藤ゼミは、学部の特性を生かして、訓練状況のTwitterリアルタイム発信や、伊勢湾台風の体験談インタビュー収録、タブレットを用いた防災アプリ等活用を訓練参加者にお伝えするミニIT講習会などを行いました。また大学生消防団は、自宅にあるプランターやブルーシートを用いた簡易型浸水対策に関する訓練を住民の皆さんと共に実施しました。今後も、本学が取り組む「減災福祉まちづくり」の一環として、地域防災力向上に貢献する活動を続けていきます。