グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  法学部 >  就活、my way。 >  就活、my way。#03

就活、my way。#03


学科・学年 法学科 4年
名前 森本 充哉 さん
内定先 (株)名古屋銀行
その他 アウトドアサークル

就職を意識したのはいつ頃ですか、その時どんなことから始めましたか?

3年次の夏頃から意識し始めて、具体的に動き出したのは12月末の「1dayインターンシップ」に参加したところからです。目立った特技や資格を持っていなかったので、アルバイト先でリーダー研修を受けるなどしました。

就職活動に役立った、大学での学びや就職サポートについて教えて下さい。

「キャリアデザイン」の講義はもちろんのこと、キャリアセンターのサポート(履歴書・ES添削、面接練習など)が就職活動に役立ちました。特に「企業の人事の方から直接面接の指導を受けることができるイベント」がとてもためになりました。

大学に入学する以前、大学卒業後の自分をどのようにイメージしていましたか?

高校生の頃は、中学校の社会科の教員になることが夢でした。

将来の為に在学中、特に努力したこと、挑戦したことは何ですか?

学内外でいろいろな方と積極的にコミュニケーションをとるように心がけていました。アルバイト先で外国人留学生とやり取りする機会もありました。大学では、高校の時と比べて年齢や国が違う人たちとの交流が格段に増えます。避けて通ることもできるかもしれませんが、せっかくの機会ですので活かすべきだと考えました。

重宝したキャリアセンターで配布される手帳

来春から始まる仕事の内容と、そこで達成したい事、目標について教えて下さい。

入行後は原則として営業店に配属され基礎的な業務を担当します。信頼とお金を扱う仕事なので、ミスが無いよう丁寧に一つひとつの仕事に取り組みたいと考えています。

最後に、先輩としてこれから名古屋学院大学を目指そうと頑張っている受験生にメッセージをお願いします。

大学での学びは高校までのそれとは違い、多彩です。4年間どのようなことを学び、どのように過ごすかは本人次第で大きく変わります。名古屋学院大学は、一人ひとりが明確な目標を持ち努力をすれば「しっかりとその目標までの道のりをサポートしてくれる」大学です。100%自分自身を表現するためにも、日々の努力を忘れないでください。これを読んで下さった方が名古屋学院大学を受験し、後輩として充実したキャンパスライフを送ってくれることを楽しみにしています。