グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  法学部 >  「留学」my story >  「留学」my story #01

「留学」my story #01


学科・学年 法学科 3年
名前 宇納 綾乃さん
留学先 中東欧スタディツアー(ハンガリー・スロバキア・チェコ・ポーランド)
種別 スタディツアー(短期/私費)
https://www.ngu.jp/international/study-abroad/
留学期間 2018年2月8日 ~ 2018年3月1日(3週間)
留学時期 2年次

留学しようと思ったのはいつからですか?その目的は何でしたか?

大学2年次の夏ごろです。実際に留学に行った友人の話を聞いているうちに「海外へ行ってみたい」と考えるようになりました。

留学先を選択した理由を教えてください。

中東欧スタディーツアーの目的は、他国の歴史や文化・芸術、政治、宗教を学ぶことです。本プログラムは、多少英語が苦手でも参加できるところが魅力です。

留学先の最初の感想は? 戸惑ったこと、新たに発見したことはありましたか?

日本とヨーロッパでは「働き方」に対する考え方が、大きく異なっていると感じました。ヨーロッパの人々は、皆のびのびと働いていました。

現地の体験で、もっとも印象的だったことは何でしたか?

スタディーツアー中、何度も教会を訪れましたが、どこも荘厳で美しかったです。

留学期間中の一日のスケジュールを教えて下さい。

<ある一日>
7:30 起床
9:00-16:00 スタディーツアーのプログラム
18:00 夕食
23:00 就寝

留学期間中に友人はできましたか?連絡はどのように取っていますか。

本プログラムには、他学部からの参加者も多く、学内では普段交流のない学生とも話をすることができました。

留学経験を活かして、挑戦したいこと、取り組んでいきたいことはできましたか?

コミュニケーションツールとしてやはり英語は必要だと感じました。今後も英語の勉強を続けて、またヨーロッパの国々へ行きたいです。

最後に先輩として、これから名古屋学院大学を目指そうと頑張っている受験生に「英語で一言メッセージ」をお願いします。

In the middle of difficulty, lies opportunity.