グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  国際文化学部 >  「留学」my story >  「留学」my story #09

「留学」my story #09


学科・学年 国際協力学科 2年
名前 石川 愛美梨 さん
留学先 タイ / 国際協力スタディツアー
種別 スタディツアー(短期/私費)
https://www.ngu.jp/international/study-abroad/
留学期間 2017年9月3日~2017年9月14日(2週間)
留学時期 1年次

留学しようと思ったのはいつからですか?その目的は何でしたか?

高校生の頃からチャンスがあれば留学したいと考えていました。小さい頃から自宅でアメリカ、ヨーロッパ、アジア各国からのゲストをホストファミリーとして受け入れていたので、その影響もあり「自分の目で直接海外の景色や文化を見たい」「日本が他の国からどう見えているのかを確かめたい」という思いがありました。

留学先を選択した理由を教えてください。

以前からスタディツアーに興味がありました。「観光では知ることができない日本との繋がりを見てみたい」という気持ちと、国連やNGOの活動に興味があったので、タイではどんな活動をしているのか「実際にこの目で確かめたい」という気持ちがありました。

留学先の最初の感想は? 戸惑ったこと、新たに発見したことはありましたか?

街のスーパーへ買い物に行くと「英語」も「日本語」も通じないので戸惑いました。覚えたてのタイ語で値段交渉をしたことが記憶に残っています。また、タイでは「宗教や性別を気にすることなく、自分らしく生きていくための環境が整っている」と感じました。

現地の体験で、もっとも印象的だったことは何でしたか?

美しい街並みのすぐ横に貧困地域があり、貧富の差を目の当たりにしました。貧しい生活をしている人達や障害を持つ人達の明るく生き生きとした笑顔もとても印象的でした。

留学期間中の一日のスケジュールを教えて下さい。

<ある一日>
6:00 起床
7:00 朝食(ホテルにて)
9:00 バスで移動
10:00 国連見学
12:30 昼食
16:00 文化センター見学
17:00 市街散策
19:00 ホテル着
24:00 就寝

留学期間中に友人はできましたか?連絡はどのように取っていますか。

はい。今でもフェイスブックで連絡を取っています。

留学経験を活かして、挑戦したいこと、取り組んでいきたいことはできましたか?

今後、海外ボランティアの活動に参加したいと考えています。アジア貧困地域の子どもたちの現状(生活・教育など)を一人でも多くの方に伝えたい。

留学先で得た体験を英語(留学先の外国語)でひとことであらわすと?

Smile and the world smiles with you.

最後に先輩として、これから名古屋学院大学を目指そうと頑張っている受験生に「英語で一言メッセージ」をお願いします。

Have a positive view of life and take a step toward your dream.