グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  重要なお知らせ >  【学部生の皆さんへ】<緊急>2019年度学位記授与の学内実施中止について

【学部生の皆さんへ】<緊急>2019年度学位記授与の学内実施中止について


名古屋学院大学は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、予定しておりました学内における学位記授与の実施を中止します。【学部:3月18日(水)、大学院:3月21日(土)】

本学は、3月2日付けで、新型コロナウイルス感染拡大に対応し、全学による学位記授与式(式典)を中止し、学内において学位記授与を実施することとしました(学部生は学部ごとによるゼミ単位で、大学院生は丸の内サテライトにて)。その後、その実施方法等について慎重に検討を重ねつつ、さらなる感染拡大とそれに対する政府・愛知県・名古屋市の動きを注視してまいりましたが、その結果、学内における学位記授与も断念し、その実施を中止することとします。

前回のお知らせ以降も、愛知県内、特に名古屋市内の感染者数は増加の一途をたどっております。このような状況下では、学内において卒業する学生の皆さんの安全と健康を守るべく万全の態勢で学位記の授与を実施することはできないと判断いたしました。指導教員から直接学位記を授与できないのは、教育機関として断腸の思いであります。

卒業を間近に控えた学生の皆さんには、学位記の授与に係る方針が短期間のうちに変更になり、戸惑いを隠せない向きもあろうかと思いますが、どうかご理解ください。

学部生の学位記等の受け渡し方法については郵送を予定しており、卒業生の皆さんには、3月11日(水)に改めて本学キャンパス・コミュニケーション・サービス(CCS)を通じて詳細をお知らせいたします。

また、【(大学院)学位記授与】に係る実施方法等の変更については、別途、大学院事務室より対象者の皆さんにご連絡いたします。


2020年3月9日
名古屋学院大学 学長 小林甲一