グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  大学院 >  【通信制】外国語学研究科 英語学専攻 >  英語学専攻(通信)博士後期課程

英語学専攻(通信)博士後期課程


社会の第一線で活躍しながら、より高度な最新の研究について学べる環境を支援します

英語学専攻博士後期課程では、英語学およびその関連領域について、国際化・情報化時代にふさわしい高度な学識と能力を備えた職業人、および高等専門教育機関の研究者などの育成を目指します。

学位取得までの学修研究計画

入学から学位(修士)取得までの標準的な学修研究計画は次のとおりです。

博士後期課程3年間の主な学修・研究の流れ(モデル)

1年次 2年次 3年次
特殊講義科目履修
リーディングリスト学修
博士論文のための研究調査
博士論文のための研究調査
リーディングリスト学修
学会発表・研究誌への投稿
博士論文執筆
リーディングリスト試験
学会発表、研究誌への投稿
4月 学修研究ガイダンス・スクーリング スクーリング スクーリング
5月 特殊講義課題レポート提出
リーディングリスト学修(※1)
研究調査・資料収集
特殊講義課題レポート提出
リーディングリスト学修(※1)
研究調査・資料収集
学会発表・投稿(※2)
論文執筆
学会発表・投稿(※2)
6月 博士学位論文計画書および論文要旨の提出
  • リーディングリスト試験に合格
  • 学会発表および投稿報告書の提出
  • 論文執筆
7月
8月 スクーリング 中間発表会・スクーリング スクーリング
9月 特殊講義課題レポート提出
リーディングリスト学修(※1)
研究調査・資料収集
特殊講義課題レポート提出
リーディングリスト学修(※1)
研究調査・資料収集
論文執筆・学会発表・投稿(※2)
論文執筆
博士論文提出準備
10月
11月
12月 スクーリング スクーリング 博士学位論文提出
1月 課題レポート提出最終期限
特殊講義在宅試験
研究レポート提出
課題レポート提出最終期限
特殊講義在宅試験
研究レポート提出
博士学位取得最終試験準備
2月 スクーリング スクーリング 博士学位取得最終試験
3月 リーディングリスト学修(※1)
研究調査・資料収集
論文執筆
学会発表・投稿(※2)
学位記授与式
リーディングリストの学修および学会発表・投稿の時期については年間を通じて期限までに任意におこなうこと。(※1、※2)

講義の実施方法と単位認定

通信指導

「大学院履修要項・シラバス」の「科目別ガイド(シラバス)」にしたがって、各科目の指定教材、参考文献などを自宅で学修し、与えられた課題に対して指定期日までにレポートを提出します。指定教材の学修およびレポートの作成段階で、適宜、担当教員より添削・指導を受け、作成されたレポートが「適格」であれば、当該科目の試験(筆記または在宅試験)により合否が判定され、合格すれば単位が認定されます。

スクーリング

演習科目について1年次の4月、8月および12月に、スクーリングで直接担当教員から講義と指導を受けます。スクーリングの日程については別途ご案内します。

単位認定

各科目の単位取得の要件は次のとおりです。
特殊研究科目 (1科目2単位)2科目選択受講
通信指導 課題レポート提出
試験 科目毎の筆記または在宅試験合格(科目により異なる)
演習科目 (1科目12単位)1、2、3年合わせて1科目受講
通信指導 1・2年次1月に研究レポート提出
スクーリング 1・2年次それぞれ16コマ(1コマ90分)受講、4・8・12・2月に実施予定。
3年次は8コマ受講、4・8月に実施予定。(1・2・3年合わせて40コマ実施。)
博士論文作成 文献収集、考察、執筆
※スクーリングの実施日程は、ゼミによって調整変更される場合があります。

今までの博士学位授与者

学位授与日 番号 氏名 学位論文タイトル
2011年3月16日 甲-1 神村 伸子 A Study of EFL Argumentative Strategies: Factors that Affect the Choice of Organizational Pattern
2011年9月15日 甲-2 小杉 花代 Exploring Japanese Language Realities: Issues Surrounding Swearing
2011年9月15日 甲-3 望月 節子 Irony and Myth in the Works of Margaret Atwood
2012年9月13日 甲-4 森川 寿 Wagnerian Elements in Bernard Shaw's Early and Middle Plays
2013年3月16日 甲-5 飯尾 晃宏 タスクの定義に則ったペア・ワークのコミュニケーション能力向上と第二言語習得への有効性
2014年9月18日 甲-6 片野 正人 A Research into Samuel Johnson's Set of Two Dictionaries,the Folio Edition and the Abstracted Edition.
2015年9月10日 甲-7 阿部 秀樹 Effects of Form
‐Focused Instruction on the Acquisition of Weak Forms by Japanese EFL Learners
2016年3月21日 甲-8 関 きみ子 早期L2英語教室のオーラル・コミュニケーション活動
-談話における理論と実践の統合を探る-
2017年3月21日 甲-9 山之内 健太 Attitudes of Japanese Students and Teachers of English about Speaker Models