グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  外国語学部 >  就活、my way。 >  就活、my way。#02

就活、my way。#02


学科・学年 英米語学科 4年
名前 伊藤 紗里那 さん
内定先 (株)アメーバホールディングス
その他 アメリカ留学/ドイツ語検定3級取得
/アウトドアサークル所属


就職を意識したのはいつ頃ですか、その時どんなことから始めましたか?

1年次にキャリアデザインの講義を受講してから意識していました。1年次の終わりには、働くことのイメージをつかむために、学内から応募できるホテル業界の「10日間インターンシップ」に参加しました。早めに就職を意識したことで、就職活動もスムーズに進めることができました。

就職活動に役立った、大学での学びや就職サポートについて教えて下さい。

「学内企業説明会」とキャリアセンター主催の「集団面接とグループディスカッションの講座」は、参加してよかったです。学内企業説明会に参加したことで、はっきりと自分のやりたいことの目星をつけることができました。また、キャリアセンター主催の集団面接とグループディスカッションの講座にはそれぞれ何度も参加することで、反省点を改善しました。

大学に入学する以前、大学卒業後の自分をどのようにイメージしていましたか?

漠然と「大学での経験をきっかけにして何か始めるのでは?」と思っていました。そのため、大学卒業後は「仕事に就く」という選択肢以外に、「海外留学」や「ワーキングホリデイ」をするかもしれないと考えていました。

将来の為に在学中、特に努力したこと、挑戦したことは何ですか?

大学在学中に「今しかできない」と思った3つのことに挑戦しました。<1つ目>は、長期交換留学です。留学は言語を身につけるだけでなく、価値観や考え方に影響すると考えていたので、将来のために挑戦しました。<2つ目>は、インターンシップへの参加です。当時は、就職活動の際に役立つ程度だと思っていましたが、今となっては社会人として大切なことを学べた貴重な経験だったと感じています。<3つ目>は、留学生の生活をサポートするレジデントアシスタント(RA)を担当したことです。私自身が留学した中で感じたことを実際に何かに活かせないかと考えたときに、大学に来る留学生の気持ちをくみ取って、楽しんでもらえるようにサポートしたいと思いました。常に今しかできない何かに挑戦していくことが、将来のためになると思います。

手書きの方が記憶に残りやすいため、ノートを活用していました。

来春から始まる仕事の内容と、そこで達成したい事、目標について教えて下さい。

結婚式やレストランでのサービスを行います。社員全員の思いをお客様に直接伝え、心地よい空間でみんなが笑顔になるサービスをしたいと思っています。将来は「世界中の誰もが笑顔になってしまう」素敵な空間で過ごせる場所を作ることが目標です。

最後に、先輩としてこれから名古屋学院大学を目指そうと頑張っている受験生にメッセージをお願いします。

「この大学だからこそできた」と思う挑戦がたくさんあります。入学する前に描いていたイメージよりもはるかに楽しく、充実した大学生活を送ることができました。ぜひ、皆さんにもNGUで興味のあることに挑戦してほしいと思います。