グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  外国語学部 >  就活、my way。 >  就活、my way。#01

就活、my way。#01


学科・学年 英米語学科 4年
名前 浅野 颯斗 さん
内定先 (株)ドリームスカイ名古屋
その他 NZ留学

就職を意識したのはいつ頃ですか、その時どんなことから始めましたか?

就職を意識し始めたのは遅い方で、3年次の2月ぐらいでした。まずはキャリアセンターへ行き、「自分にどんな仕事が向いているのか」を知るために面談を受けました。その後、マイナビやリクナビ等の合同企業説明会に積極的に参加するようになり、自分が気になる企業の説明会に行くようになったぐらいからES(エントリーシート)の事を本格的に考えるようになりました。

就職活動に役立った、大学での学びや就職サポートについて教えて下さい。

自己理解を深めながらESを完成させるために、積極的にキャリアセンターに通いました。また、毎週行っていたエアラインの先生との面談は、たくさんのヒントをいただくと同時に自信につながりました。

大学に入学する以前、大学卒業後の自分をどのようにイメージしていましたか?

具体的には何もイメージしていませんでした。昔から外国への憧れがあり、「将来は海外もしくは海外の雰囲気が漂うような場所で働けたら」とは考えていました。

高校の時から愛用している「手帳」

将来の為に在学中、特に努力したこと、挑戦したことは何ですか?

語学学習のため、ニュージーランドへ留学したことです。現地で「完璧な英語は必要ない」「間違えることは良いことだ」ということを学びました。おかげで、帰国後は積極的に英語を活用できるようになりました。

来春から始まる仕事の内容と、そこで達成したい事、目標について教えて下さい。

グランドスタッフとして「中部国際空港 セントレア」で働くことになります。将来的には組織の中心的な存在となれるよう、努力を続けていきたいと考えています。

地元に就職を決めた理由は何ですか?

この先、長く勤めることを考えると、地元(愛知県)は安心感があり、周りのサポートもあるので心強いです。また、身内に何かあった時、すぐに対応できるというメリットもあります。

最後に、先輩としてこれから名古屋学院大学を目指そうと頑張っている受験生にメッセージをお願いします。

私が大学生になってから一番感じたことは「夢を持つことの大切さ」です。4年間はあっという間ですが、大学には、自分の夢に向けて挑戦できる場所・機会がたくさんあります。最初はぼんやりとでも構わないので、心の中に夢を持ち続けてほしい。夢を持つことで、いろいろなことに挑戦できるし、思いがけない自分に出会えるはずです。