グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  外国語学部 >  「留学」my story  >  「留学」my story #08

「留学」my story #08


学科・学年 英米語学科 2年
名前 大岩 未侑 さん
留学先 フィリピン / パナイ島イロイロ
種別 実務研修プログラム(短期/私費)
https://www.ngu.jp/international/study-abroad/
留学期間 2018年2月~2018年3月(1ヶ月)
留学時期 1年次

留学しようと思ったのはいつからですか?その目的は何でしたか?

これまでも海外に行った経験はありましたが、いずれも短い滞在でした。以前から長期間、海外で過ごしてみたいという気持ちがあり、名古屋学院大学に入学した理由の一つも、半年~1年近く海外に滞在できる「中・長期の交換留学プログラム」があったからです。

留学先を選択した理由を教えてください。

フィリピンへの短期留学は、「TOEFLの点数向上」と「海外で長期滞在するための予行練習」が目的でした。1年生で参加でき、費用もできるだけ安く英語力を向上さるには良い条件だと考えました。

留学先の最初の感想は? 戸惑ったこと、新たに発見したことはありましたか?

大学やモールに行く際、低料金なので「ジプニー」という乗り合いバスをよく利用していました。窓ガラスとドアがなく、バスの天井に乗っている人を目撃したこともあります。料金は乗車している人が後ろから前に手渡しで運転手の所まで回します。日本ではあり得ない光景ですが、毎日が新しい発見で溢れていました。

現地の体験で、もっとも印象的だったことは何でしたか?

日本人の友人と3人で「ガリンファーム」という動植物園のような施設に遠出した時のことです。行きはバスが施設の目の前まで連れて行ってくれたので大丈夫でしたが、帰りはどこにバス停があるか分からず迷ってしまいました。困っていると、通りすがりのバイクに乗ったおじさんが声をかけてきて、行き先を聞かれたので答えると、通りかかったバスを捕まえてくれて「これに乗ればいいよ」と教えてくれました。バス停以外で乗車できることにも驚きましたが、それ以上に現地の人のやさしさが強く印象に残りました。

留学期間中の一日のスケジュールを教えて下さい。

<平 日>
6:30 起床
7:30 朝食
8:00 マンツーマン・グループレッスン
11:00 講義
12:00 昼食
13:00 マンツーマン・グループレッスン
17:00 夕食、自由時間
20:00 課題
22:30 就寝
<休 日>
9:00 起床
12:00 食事
12:30 外出(周辺散策、プール、ダウンダウン、モールなどへ)

留学期間中に友人はできましたか?連絡はどのように取っていますか。

同じ時期に留学に来ていて、寮が一緒だった韓国の子やインターンシップ先で出会った現地の方と仲良くなり、Facebookを通じて今でも連絡を取っています。また、現地でお世話になった語学学校の先生ともFacebookやLINEで連絡を取っています。

留学経験を活かして、挑戦したいこと、取り組んでいきたいことはできましたか?

今回、3度目の海外経験でしたが、以前よりも身近に感じることができました。今は、在学中にもっと色々な国に行きたいと考えています。

留学先で得た体験を英語(留学先の外国語)でひとことであらわすと?

Experiencing different clutures in foreign countries are very important for me because I can discover what I don't know.

最後に先輩として、これから名古屋学院大学を目指そうと頑張っている受験生に「英語で一言メッセージ」をお願いします。

"You only live once."