グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  外国語学部 >  「留学」my story  >  「留学」my story #07

「留学」my story #07


学科・学年 英米語学科 3年
名前 鈴木 理捺 さん
留学先 アメリカ / ボーリング・グリーン州大学
https://www.ngu.jp/international/school-list/
種別 公費交換留学(長期/公費)
https://www.ngu.jp/international/study-abroad/
留学期間 2017年8月~2018年5月(10ヶ月)
留学時期 2~3年次

留学しようと思ったのはいつからですか?その目的は何でしたか?

入学前です。名古屋学院大学のオープンキャンパスに参加した際に留学制度の話を聞いて「せっかく社会人になる前に4年間という時間があるのなら、1年間は留学して海外で学びたい」と思いました。ずっと英語が好きで頑張ってきましたが、将来ビジネスで使えるレベルの英語力をつけるため、様々な国の友人と出会って色々な文化や考え方を感じてみたいというのが目的でした。

留学先を選択した理由を教えてください。

目標である、ビジネスで使える英語レベルまで成長させるというのを達成させるために、より長い期間海外の大学で学びたいと思ったので、金銭面のことも考慮して、長期公費交換留学制度を利用しました。

留学先の最初の感想は? 戸惑ったこと、新たに発見したことはありましたか?

とにかくキャンパスが広いことと、International studentsが多いことに驚きました。ほとんどの学生が4年間大学に通って卒業資格や修士号をとるために来ていたので、英語力はかなり優れていて尊敬する気持ちと同時に、自分のレベルの低さを感じました。近くに、マクドナルドやサブウェイなど、日本にもあるお店があったのですが、同じお店でも国が違えば異なる点がたくさんあったので面白いと思いました。運転のルールやアメリカで売られている日本食の違いなども興味深かったです。

現地の体験で、もっとも印象的だったことは何でしたか?

テスト週間中の学校のサポート力です。私はよく、友人と図書館やユニオンと呼ばれる場所で勉強をしていました。すると突然「今から1Fでフリーピザを配ります」というアナウンスが流れました。大学が学生に休憩として食べ物を差し入れしてくれるのです。ピザのほかにも、コーヒー、クッキーなどがよく配られていました。時々ワンちゃんが来ることもあって、みんなの癒しになっていました。日本では見ない光景なのでとても印象に残っています。

留学期間中の一日のスケジュールを教えて下さい。

<平 日>
9:30 起床
10:30 授業
12:00 友人とランチ
13:30 授業
17:00 友人と会話、課題をする 
26:00 就寝
<休 日>
10:00 課題
13:00 友人と遊ぶ
21:00 友人と会話、課題をする 
16:00 就寝

留学期間中に友人はできましたか?連絡はどのように取っていますか。

ジャパニーズクラブに所属していたので、そのクラブの子たちとかなり仲良くなりました。授業後は毎日夜遅くまでみんなで会話したり宿題を手伝いあったりしていました。今でも連絡は取っています。LINE、Wechat, Kakaotalk、messengerなど、人によって連絡手段は様々です。

留学経験を活かして、挑戦したいこと、取り組んでいきたいことはできましたか?

留学中、ネイティブの早すぎる会話スピードについていけなかったりわからないことがたくさんあり、その度に友人に助けてもらいました。その経験から、今度は私が「日本で困っている留学生の手助けをしたい」という強い思いがあります。帰国後は大学内のi-Lounge(留学生との交流の場)にて、TA(ティーチングアシスタント)として留学生のサポートをしたいと考えています。

留学先で得た体験を英語(留学先の外国語)でひとことであらわすと?

Awesome!!!

最後に先輩として、これから名古屋学院大学を目指そうと頑張っている受験生に「英語で一言メッセージ」をお願いします。

NOTHING is IMPOSSIBLE!!