グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  経済学部 >  経済キャリア演習

経済キャリア演習


経済キャリア演習は、建学の精神である「敬神愛人」に則り、私たち学生自身が大学生活の中で「あったらいいな…」と思うものをプロジェクトとして実際に考え、経済学部に関する学びを深めながら、力を合わせて実現していく科目です。
プロジェクトの遂行を通じて、社会人としてのスキルを身につけつつ、他者や社会に貢献することを目指します。また、従来の講義形式とは異なり、この授業は、統括リーダーを中心に学生主体で運営しています。このページの内容も、私たちで制作しています。

What's New


~2021年度統括チームからのあいさつ~

統括リーダー 岩下凜太郎

統括リーダーの岩下凜太郎です。私たちの目標である「知るきっかけを作る」ことを念頭において、各グループの連携や私たちの活動を報告することなど、統括リーダーとして私が中心となり頑張っていきます。広い視野を持ち全員でこのプロジェクトを遂行できるように仕事をしていきます。

副統括リーダー 伊藤優希

副統括リーダーを務めます伊藤です。「副」とついていますが、リーダー任せにしない、むしろリーダーの仕事を奪ってやろうという勢いでプロジェクトに臨んでおります。自分が大学に何ができるか、その問いかけを原動力に企画に向き合っています。だからこそ、大学に爪痕を残す、これからの生徒の力になれるプロジェクトが実行できるよう最後まで役目を果たします。

副統括リーダー 日下部耀

副統括リーダーの日下部耀です!全力で挑み続けて、より良いプロジェクトを遂行できるように、グループで計画的に活動をしていきたいと思います。成功させるため、頑張ります!

~プロジェクトメンバーの意気込み~

経済学に興味を持ってもらえるようにプロジェクトを必ず成功させる!!(小森大暉)

このプロジェクトで一人でも1年生やこれから入ることを考えている学生さんたちが「役に立った」とか「経済学を学んでみたい!」と考えてくれるようなプロジェクトにする! (中村慎太郎)

在校生やこれから入ってくる新入生が楽しく大学生活を送れるように全力サポート!(角田勇人)

在校生向けのプロジェクトの1年生担当として経済学をより知ってもらうよう、やれる限りを尽くします。(小林廉)

~クラスの旗(スローガン)~

クラスで取り組む最初のプロジェクトとして、9月半ばに、履修者7人の意識と目標を統一するために、チームの旗とスローガンを作成しました。
コロナが収束し始め、通常の授業の形態に戻りつつある中で、この授業で私たちが何をできるのかを全員で考えました。スローガンの案を出すなかで、経済学の分野が多くあることで、自分に向いている分野を見つけ出せない学生が一定数存在することがわかりました。
そこで、私たちがそれぞれの分野の社会的意義を探し出し、自分が学びたいと思える経済学を見つけてもらうきっかけを作るプロジェクトに取り組もうと、みんなの考えがまとまり、次のスローガンに決めました。
《スローガン》
私たちが「知るきっかけを作る」
このスローガンをふまえて、次に旗の作成に入りました。しかし、デザインの考えがなかなかまとまらなかったため、授業時間外で各々が旗を作成し、投票で決めるコンテストを開催することになりました。
最終的に、副リーダーの日下部君のデザインが採用されました。このチームのプロジェクト内容を表している良い旗になったのではないかと思います。
残りの期間でこのスローガンが達成できるように努力し、このきっかけを通じて経済学の学びを深める機会を作れるようになれば良いと思っています。私たちの、プロジェクトにかける思いが皆様にも伝われば良いなと思っております。

~2021年度プロジェクトチーム~

2021年度は二つのプロジェクトを行うことになりました。

●受験生・新入生に経済学を学ぶ意義を知ってもらうプロジェクト

新入生から経済学とはどんな学問なのかわからない、在校生の声が少ないという意見があります。確かに、ホームページを見ると、「将来どのように役立つか」の情報が多い一方で、「学生が何を学んでいるのか」かが伝わりにくいという問題点がありました。
そのため「経済学は何を学ぶのか、今どのように役立っているか」「経済学部生は何を学び、どんな生活をしているか」を中心とした記事をホームページに新たに掲載し、受験生・新入生のニーズに応えます。
これを見た受験生・新入生が、経済学に興味を持ち、また学部選択や入学のきっかけをつくることをめざしています。

●1・2年生に向けた経済学を学ぶ意義をみつけてもらうプロジェクト

1・2年生に経済学を学ぶ意義を見つけてもらうことを目的としたプロジェクトです。経済という概念は将来何に役立つか想像しづらいため、経済学を学ぶ意義を見つけ出せない学生が一定数存在します。
私たちが経済学部で学んだ知識を活かして、専門的な経済学がどのように社会で役に立つのかを知ってもらえるように取り組みます。取り組んだ内容を元に記事を作成してホームページへ新たに掲載し、1・2年生の参考にしてもらいます。