グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  新型コロナウイルスに関するお知らせ >  新型コロナウイルスワクチンの沖縄県での異物混入報道を受けて

新型コロナウイルスワクチンの沖縄県での異物混入報道を受けて


新型コロナウイルスワクチンの接種会場において、一部バイアル及びシリンジ内に異物が確認され、当該ロットの接種が中止されたとの報道を受け、本学において9月6日(月)より実施する大学拠点接種で使用するワクチンを確認したところ、報道されたロット番号と同一のワクチンがございました。
その後、当該ロットのワクチンについては、厚生労働省のHPにおいて使用しても問題がないとの見解が示されました(文部科学省・大学ワクチン接種加速化検討チームにも併せて確認)ので、9月6日(月)からの接種は予定通り実施することといたします。