グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  新型コロナウイルスに関するお知らせ >  オンライン授業の延長措置について

オンライン授業の延長措置について


学生のみなさんへ

 今学期に入り、みなさんひとりひとりの感染予防に対する心がけや、<隔週対面授業方式>などの授業運営における感染対策により、大学内での感染連鎖やクラスターは発生していませんでしたが、5月12日(水)の緊急事態宣言(愛知県)の発出、並びに本学学生の感染者数の増加を受け、やむを得ず、5月13日(木)から5月30日(日)までの授業をオンラインで行うことにいたしました。当初は、お知らせしたとおり、登校機会確保の観点から、5月31日(月)より、対面授業再開を目指しておりました。しかしながら、現在も(愛知県の)感染者数は高止まりで、さらに変異ウイルスが若い世代にも拡がっており、予断を許さない状況が続いています。そのような状況を踏まえ、本学は、下記のとおり、さらに2週間の間「オンライン授業」を継続することで、学内感染を予防する措置をとり、みなさんとご家族の安心と安全を最優先することとなりました。
●学部授業において「オンライン授業」を6月13日(日)まで延長する。(リハビリテーション学部を除く)
 オンライン授業はもうしばらく続くことになりますが、本学の登校機会確保の方針に変更はありません。延長期間終了後は、<隔週対面授業方式>の再開を予定しています。皆さんと一緒にこの大変な状況を乗り越えていきたいと考えております。日々の生活において感染防止に今一度心掛けてください。
2021年5月27日
学長 赤楚治之