グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  商学部 >  「留学」my story >  「留学」my story #01

「留学」my story #01


学科・学年 商学科 4年
名前 須藤 郁美 さん
留学先 アメリカ / マドンナ大学
https://www.ngu.jp/international/school-list/
種別 公費交換留学(長期/公費)
https://www.ngu.jp/international/study-abroad/
留学期間 2016年8月~2017年5月(10ヶ月)
留学時期 2~3年次

留学しようと思ったのはいつからですか?その目的は何でしたか?

中学生の頃から英語を勉強するのが好きで、海外の生活にずっと憧れていました。入学後は「英語が話せるようになりたい」という具体的な目的がありました。

留学先を選択した理由を教えてください。

学内にある国際センターの職員に色々とアドバイスをいただき、留学先を選びました。

留学先の最初の感想は? 戸惑ったこと、新たに発見したことはありましたか?

長期留学直前の事前研修中に、自分の語学力の低さを痛感しましたが、その分「現地で他の人より積極的に行動しよう!」と吹っ切れました。留学中は失敗もいくつかありましたが、努力を重ねた結果、講義の成績も自然と良くなり、友人もたくさんできました。

現地の体験で、もっとも印象的だったことは何でしたか?

講義の課題が多い事に驚きました。留学先での生活は、深夜までレポートやプレゼンテーションの作成に追われ、とても大変でした。

留学期間中の一日のスケジュールを教えて下さい。

<平 日>
8:30 起床
9:00 講義
17:00 講義終了
18:00 夕食
22:00 課題
26:00 就寝
<休 日>
11:00 起床
12:00 食事
13:00 外出
18:00 夕食
19:00 課題など

留学期間中に友人はできましたか?連絡はどのように取っていますか。

はい。Facebook、Instagram、Snapchatなどで連絡を取っています。

留学経験を活かして、挑戦したいこと、取り組んでいきたいことはできましたか?

留学から帰国後、i-Lounge(学内の国際交流施設)でTA(ティーチングアシスタント)を務めています。留学に行きたい本学学生のサポートを行ったり、留学生と交流できることにやりがいを感じています。
※i-Loungeには留学経験のある先輩が学生TAとして、また海外からの留学生が留学生TAとして、みなさんの外国語学習をサポートしています。

留学先で得た体験を英語(留学先の外国語)でひとことであらわすと?

What I was before makes the basis for what I am now.

最後に先輩として、これから名古屋学院大学を目指そうと頑張っている受験生に「英語で一言メッセージ」をお願いします。

NGU gives many opportunities to make our dreams come true!