グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  キャリア・就職支援 >  就活、my way。 >  就活、my way。(外国語学部)#6

就活、my way。(外国語学部)#6


学科 英米語学科
名前 廣 悠理 さん(2020年3月卒業)
内定先 株式会社フジトランスコーポレーション

内定先を決めた理由を教えてください。また、どんなポイントが内定に繋がったと思うか教えてください。

仕事内容と社風です。人々を支える仕事であり、また海外で活躍できるチャンスもあると知りました。そして社員の方とお話しをしていて、人を大切にしていることが伝わり、この企業を選びました。

内定に繋がったと思うポイントは、面接で自分を飾らず、ありのままを伝えたことだと思います。面接は自分のことを伝える場、面接官の方とコミュニケーションをとる場という意識を持ち、緊張しても積極的に自分のことを相手に伝えるべきだと思います。

就職活動中、特に努力したこと、または大変だったことは何ですか?

努力したことは自己分析です。自分という人間を客観的に見て、強みや特徴をどのような言葉、表現で相手に伝えるかを考えました。大変だったことはモチベーションの維持です。全ての企業から内定をいただけることは無いと頭ではわかっていても。いざその時がくるとやはりショックを受けました。

就職活動に役立った、大学での学びや就職サポートについて教えて下さい。

キャリアセンターでは、就活での不安や改善点を解消するのに何度もお世話になりました。またキャリアデザインの授業のおかげで、早期からSPI対策や履歴書作成に取り組むことができました。その他、SA(スチューデント・アシスタント)は学内企業説明会など、貴重な経験をたくさんさせて頂きました。

就職活動中に役にたったアイテムは何ですか?

ボールペンと愛読書です。ボールペンは友人からプレゼントされたもので、私の名前が彫ってあります。使うたび、見るたびに頑張ろうと思えました。愛読書は大学2年生の頃からいつも持ち歩いているもので、気分転換に大いに役立ちました。

来春から始まる仕事の内容と、そこで達成したい事、目標について教えて下さい。

海運会社でジェネラリストとして仕事をさせていただきます。どの部署に配属されても人一倍努力し、業務を誰よりも早く覚えたいです。また海外にも支社があるので、TOIECのスコア向上を目指し、将来は海外で働きたいと考えています。

最後に、先輩としてこれから名古屋学院大学を目指そうと頑張っている受験生にメッセージをお願いします。

大学での4年間はあっという間。この名古屋学院大学には充実した施設やプログラムがたくさんあり、皆さんの過ごし方ひとつで自分自身をいくらでも高めることができると思います。何もしない1日より充実した1日を過ごしてみませんか?皆さんにも後悔のない学生生活をこの名古屋学院大学で過ごしてほしいです。

(2019年度取材)