グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  キャリア・就職支援 >  就活、my way。 >  就活、my way。(経済学部)#6

就活、my way。(経済学部)#6


学科 経済学科
名前 桑原 菜緒 さん(2020年3月卒業)
内定先 東海労働金庫
所属クラブ・サークル等 ボラセンCW

内定先を決めた理由を教えてください。また、どんなポイントが内定に繋がったと思うか教えてください。

説明会と支店訪問で、働き方と職員の方に魅力を感じ、内定を決めました。「人を支える仕事」に就きたいと思い、困っている人の助けになれる福祉金融機関にとても魅力を感じました。

内定に繋がったポイントは、3支店訪問したことだと思います。説明会だけでは感じられない現場の臨場感や、実際に働いている職員の方のお話を聞くことができ、とても参考になることが多かったです。支店訪問は、自ら連絡を取るなど緊張する場面が多かったですが、その分、しっかりとした志望動機を伝えることができました。

就職活動中、特に努力したこと、または大変だったことは何ですか?

自己分析を特に頑張りました。元々は公務員志望でしたが、就活解禁の3月が近づくにつれ、このまま公務員を目指すのか、民間企業で就職するのか迷いが生じ、「自分が本当にしたいこと」が分からず辛い日々を過ごしました。そこで、自分の中にある「軸」を明確かつ具体的に説明できるように自己分析を徹底して行いました。最終的にノート1冊、ファイル1冊を完成させました。その甲斐あって、面接で自分の思いや自分自身の性格や特徴を分かりやすく伝えられたと思っています。

就職活動に役立った、大学での学びや就職サポートについて教えて下さい。

ES添削や面接対策を含むキャリアセンターのサポートです。中でも、ES(エントリーシート)の添削は大変重宝しました。限られた文字数で自分の思いや考え、企業への熱意などを一人で考えるのは限界があり、キャリアセンターの方と話し合いながら文章構成を考えました。ES添削や面接対策だけでなく、職員の方にお話を聞いてもらうことも就活中の癒しと活力になっていたと思います。

就職活動中に役にたったアイテムは何ですか?

Rollbahnの手帳、無印良品の0.38mm黒ボールペン、スマホアプリ「文字数メモ」です。企業説明会など事あるごとにメモを取っていたので、手帳とボールペンは必須でした。説明会では、机などがないのでRollbahnの手帳が役立ちました。スマホアプリは、ESを書く時に重宝しました。ESは字数制限が設けられているので、文字数が表示される機能はとても便利です。私は、電車の中の隙間時間を見つけてESを書いていたので、場所を問わないアプリは常に使っていました。

来春から始まる仕事の内容と、そこで達成したい事、目標について教えて下さい。

お客様にとって大切な「お金」をお預かりし、通帳を作る仕事です。自分の行動一つでお客様に不安な気持ちを与えかねない、責任重大な仕事ですが、同時に成長できる場だと感じています。初めての事しかない1年目、資格や自己研鑽を怠らず、社会人として必要な知識や言葉遣いなどを身に着け、着実に成長していきたいです。

最後に、先輩としてこれから名古屋学院大学を目指そうと頑張っている受験生にメッセージをお願いします。

名古屋学院大学は、学生の成長を応援してくれる大学です。学生が「こういうことをしたい!」と発信すると、必ず応えてくれる先生方や大学職員の方が大勢います。私自身もボランティア活動や企業連携講座(BIP講義)に参加し、学生でありながら、とても貴重な経験を数多くさせて頂いたなと思います。1年生の頃に戻れるならもう一度戻りたいなと思える大学です!今後、試験などが増え緊張やプレッシャーに耐え忍ぶことも多くなると思いますが、体調に気をつけて勉強頑張ってください!!

(2019年度取材)