グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  キャリア・就職支援 >  キャリア形成支援プログラム >  インターンシッププログラム

インターンシッププログラム


企業や官公庁などで実際に就業体験することにより、業界と仕事への理解を深めます。ビジネス、ベンチャー、行政、NPOなどの各分野があり、事前・事後学習を徹底させ、成果を確かなものにします。例年約150名の学生が参加しています。インターンシップも正規のカリキュラムの中で行われ、単位が認定されます。

いま就職活動に欠かせないインターンシップ

インターンシップとは一般的に「学生が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行う制度」と定義されています。実際の内容は実施主体(企業・自治体・教育機関)によって様々ですが、そのいずれも、学生が社会に出る機会を提供するという点で共通しています。いまインターンシップに参加する学生は、1年間で数千人ずつ増加。就職活動の新しいトレンドとなっています。名古屋学院大学では、この新しい流れを敏感に取り入れて制度の充実を図っており、参加する学生の割合は全国的に比較しても非常に高いものとなっています。

インターンシップ・プログラムのスケジュール

プログラム内容 実施時期
希望者の募集 夏季5月頃 / 春季11月頃
事前学習の実施(ガイダンス、ビジネスマナー講座、研修先および業界に関する分析) 夏季7月頃 / 春季12、1月頃
実習(就業体験) 夏季8~9月頃 / 春季2月頃
事後学習の実施(研修成果報告および報告にもとづくディスカッション) 夏季9月頃 / 春季2月頃