グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  キャリア・就職支援 >  企業(ご担当者)の皆さま >  インターンシップについて

インターンシップについて


インターンシップ実施のお願い

インターンシップは、学生が在学中に企業などで一定期間の就業体験を行い、職業意識の啓発を図る教育制度です。大学卒業後、大半の学生が企業等に就職することを考えると、社会人としての必要な基礎能力やキャリア形成能力を養い、働く意識を確立させるための教育がますます重要になってきます。
名古屋学院大学ではいち早くインターンシップを正課として、制度的な取り組みを開始し、春季(2月)と夏季(8月~9月)の年2回の実施を通じて毎年多数の学生が参加しております。学生達は、就業体験を通して社会や企業等の実情を知ることにより、仕事に対する興味・関心、学習意欲を高め、ビジネスマナーや望ましい職業意識を身につけています。
インターンシップ教育の発展・拡充に向けて、多くの企業・団体に実習の機会をご提供いただきますようお願い申し上げます。

就業体験を通じて業界と仕事への理解を深めます

インターンシップ参加学生は、実際の業務を経験することにより、ビジネスや行政等の実情を学び、卒業後の進路選択の指針となる職業観を培うとともに、大学での学修のモチベーションを高めるという貴重な体験をしています。例年約150名の学生が参加し、就業体験をつんでいます。
本学では「インターンシップ」などの科目を開設し、「事前学習―実習―事後学習」をひとつの枠組みとして実施しています。就業体験を通じて大学で受けている教育内容を実践的に深めるとともに、社会が求めている課題設定、解決能力やコミュニケーション能力、創造力を身につけた人材の育成を目指しています。
キャリアセンターでは、インターンシップ生の募集・広報、選考、また受入企業のよりよいプログラム作りのお手伝い等行っております。インターンシップご相談の窓口としてご利用ください。

インターンシップ・プログラムのスケジュール

プログラム内容 実施時期
希望者の募集 夏季5月頃 / 春季11月頃
事前学習の実施(ガイダンス、ビジネスマナー講座、研修先および業界に関する分析) 夏季7月頃 / 春季12、1月頃
実習(就業体験) 夏季8~9月頃 / 春季2月頃
事後学習の実施(研修成果報告および報告にもとづくディスカッション) 夏季9月頃 / 春季2月頃

お問い合わせ(名古屋学院大学 キャリアセンター)

名古屋キャンパス

休暇中などは開室日や時間が変更されることがあります。
開室時間
曜日 月曜日~金曜日
時間 9時00分~17時00分