グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



熱田ブランド戦略プロジェクト

2015年度 活動報告



2016年03月21日|「第1回熱田ブランド懇談会」が開催されました

2月29日(月曜日)に、「第1回熱田ブランド懇談会」が熱田区役所にて開催されました。この懇談会は、熱田の地域資産をみがき、熱田のイメージを高め、人々に愛され訪れたくなる熱田を目指すという地域ブランド戦略を進めるにあたり、幅広く意見を聴取する場として開かれました。本学の家本博一教授(社会連携センター長)が座長となり、行政や地域のNPO、商店街代表者等総勢27名が参加。本学からは、現代社会学部水野教授、商学部伊藤教授、上田准教授、濱准教授、三輪准教授、社会連携センター杉山課長が出席しました。

懇談会では、まず熱田区より「熱田ブランドの考え方」が示され、続いて商学部濱ゼミナールの学生3名が、2015年9月に実施された『熱田区来訪者アンケート』をもとに「調査研究結果報告」を発表しました。その後、濱ゼミ生が導き出した問題点である①地域資源間の結びつきの弱さ、②情報発信力の弱さ、という2項目を軸に、出席者が意見を交わしました。最後は、濱准教授から「それぞれの立場で何ができるかをぜひ考えていただきたい」との発言がなされ、今後も検討を続けていく重要性が示されました。

熱田区が区制80周年を迎える2017年度をメドに、新たな地域ブランドが構築できるよう、今後も濱ゼミナールを中心として行政や地域住民の皆さんと協議していきます。

第1回熱田ブランド懇談会

第1回熱田ブランド懇談会

第1回熱田ブランド懇談会

第1回熱田ブランド懇談会