2017年07月24日(月)

【経済学部】PBL授業で最終報告会を行いました(1・3年生)

瀬戸信用金庫様のご協力を得て

 経済学部のPBL授業(BIPプログラム)「現代経済事情」(1年生向け)と「企業経済論」(3年生向け)で、7月22日、合同で最終報告会を開催しました。
 協力企業である瀬戸信用金庫様からお二人の方がお越しくださり、1年生は10チームが尾張旭市の定住人口増加のための施策を、3年生は7チームが瀬戸市の産業振興策について、それぞれチームで検討してきた提案を報告しました。
 尾張旭市や瀬戸市に馴染みのない学生たちがほとんどでしたが、様々な統計データから現状を把握し、企画提案に向けてグループで検討しあう作業は皆熱心に行って来ました。


 1年生には、2年次には経済学特殊講義で、3年次には企業経済論で、さらに多くの経験を積む機会が用意されています。
 経済学部BIPプログラムは、2年生の最終報告が7月19日に、1年生と3年生の最終報告が7月22日に実施され、春学期の一連の活動は終わりましたが、2年生の一部チームには、プロトコーポレーション本社での報告会が待っています。   <頑張れ!!>

 *お忙しい中、ご協力くださった企業の皆様には、関係者一同、心よりお礼申し上げます。 

このウィンドウを閉じる